移動平均乖離率

移動平均乖離率

単純移動平均線の動きは性質上、価格の動きに後追いする形をとります。急激な相場の変動においては平均化した価格と実際の価格との間にギャップが生じます

 

つまり移動平均線から実際の価格が乖離してしまうわけです。

 

移動平均線乖離率とは、現在の相場の価格が移動平均線から上下にどれぐらい離れているのかをパーセンテージで表したものです。

 

移動平均乖離率=(前日終値−ある一定期間の移動平均値)÷ある一定期間の移動平均値×100

現在の価格が移動平均線より上回っているとプラスの移動平均乖離(上方乖離)となり、逆に下回っているとマイナスの移動平均乖離(下方乖離)となります。

 

プラスの移動平均乖離率が大きければ大きいほど急激に「買われ過ぎ」、マイナスの移動平均乖離率が大きければ大きいほど急激に「売られ過ぎ」であると判断することができます。
つまり移動平均乖離率を分析することで、その時の相場の過熱感を把握することができるということです。

 

市場において相場が過熱し過ぎることを「オーバーシュート」と呼びますが、別の項目でも申し上げたように、過熱し過ぎた相場はあるポイントまで到達すると自律的に元に戻ろうとする性質があります。

 

つまり移動平均線から価格が一定以上乖離すると、ある時を境に移動平均線に向けて価格が自動的に戻っていこうとするわけです。

 

そこで、移動平均乖離率の大きさから「オーバーシュート」の度合いを測ることで、相場の転換点を見つけることができるのではないかという考え方が生まれました。

 

この移動平均乖離率を用いたテクニカル手法は、世界中のトレーダーの間でも広く一般的に用いられています。

移動平均乖離率を使うメリット

FXをやっている多くのトレーダーがローソク足チャートと移動平均線を見ています。

 

そして移動平均乖離率は、平均値からの価格の乖離という単純な指標であるため、複雑な計算は必要なく分かりやすいという面もあり多くのトレーダーが着目しています。
移動平均線から価格が離れていくと、「そろそろ転換するのでは」という意識が芽生えるトレーダーもたくさんいるであろうと推測することができます。
多くのトレーダーがこの指標を見ているということは、それだけテクニカル分析としての信頼性が上がることになります。

FXではありませんが、株式投資における某有名トレーダーの方はこの移動平均乖離率のみを参考に取引していると聞いたことがあるくらいです。

移動平均乖離率の使い方

移動平均線自体はトレンドフォロー系のテクニカル指標ですが、移動平均乖離率の使い方はオシレーター系の使用方法に近い形となります。

 

使用する移動平均線の日数や相場動向によって転換の目安となる乖離率が変化することになりますが、一般的には25日の移動平均線が用いられることが多くなっています。
この25日の移動平均線からみて移動平均乖離率が+5%以上となると天井と判断され売りサイン、−5%以下となると底と判断して買いサインと見られることが多いです。

ただしこの5%はその時々の相場や通貨ペアによって変化する数字です。 いずれにしても過去の乖離率の動きから判断することが重要となってきます。

移動平均乖離率を使う際の注意点

相場のトレンドの強さによっては、5%や〜%などといった一般的に転換の目安とされる数字が機能しない場合があります
時には乖離率が10%を超えたり、さらにそれ以上離れ続けていく場合もあるので、まずはその時の相場のトレンドを把握しておくことが重要となってきます。

 

当然、ファンダメンタル分析も必要となってきます。

 

米雇用統計や重要な経済指標の発表直後や天変地異などの直後においては、取引が過熱することがしばしば見られます。そのような場合にも移動平均乖離率を用いた取引はリスクを伴うことになります。

 

そして最も重要なことは「逆張りである」ということに対するリスクを理解しておく事と言えます。

 

トレンドに逆行して取引を行うわけですから、もちろんそれ相応のリスクを覚悟する必要があるのです。

 

FXをやる上で、前述の某有名株トレーダーのように移動平均乖離率のみを用いて取引を行うのは、為替市場の性質上、現実的とは言えません。

 

やはり他のテクニカル分析との併用によって、売買手法の精度を高めるために移動平均乖離率を参考にするといった使用方法が妥当と言えます。

男女間の乖離は自律的に元に戻っていくことはほぼありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ