ダウ理論

ダウ理論

ダウ理論とは、1800年代後半、チャールズ・ヘンリー・ダウ(1851〜1902)という米国のジャーナリスト兼、証券アナリストであった人物が提唱したもので、様々な相場におけるテクニカル分析の先駆けとなった理論です。
元々は当時の株式の相場を分析したものですが、現在においても、為替市場や先物市場など他の市場動向の分析にも広く活用されています。

 

ダウ理論を構成する6つの要素
  • 平均はすべての事象を織り込む
  • トレンドには3種類ある
  • 主要トレンドは3段階からなる
  • 平均は相互に確認されなければならない
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

 

平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれるという理論です。
市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言えます。

 

トレンドには3種類ある

ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重要視し、そのトレンドを3つの時系列に分類しています。

  1. 主要トレンド:1年〜数年のサイクル
  2. 二次トレンド:3週間〜3ヶ月のサイクル
  3. 小トレンド :3週間未満のサイクル

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられています。

 

主要トレンドは3段階からなる

また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとされます。

先行期

市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる"底値買い"をする時期。価格は、下落中か底値圏で上下している。

追随期

市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面に入っている。

利食い期

価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇値幅は小さくなっている状態。

 

平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないのであれば、明らかなトレンドとして捉えることは出来ないという理論です。
もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、なおかつそのシグナルがより同時期に発生するほど確定的であるとしています。

ダウが活躍した時代のアメリカでは、工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期でもありました。工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』ではダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載していました。

 

トレンドは出来高でも確認されなければならない

ダウは市場の終値の変動を重視しましたが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視しました。
例えば、上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し、値下がり時には出来高が減少、下降局面においてはその逆になるとしています。
主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、それが出来高に反映するという論です。

 

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

現在の市場で発生しているトレンドは、明確なトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるという考えです。
トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しいという理論です。

 

現在に至るまでに、相場のトレンド・方向性を探るための「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」などのトレンド追従型指標や、一定の範囲内(レンジ相場)での強弱を見るRSIやストキャスティクス、DMIなどのオシレーター系指標など、様々なチャート分析指標が生み出されてきましたが、そのほとんどがこのダウ理論を基にしたもの、もしくは著しく影響を受けたものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ