トレンドライン

トレンドライン

相場が上昇傾向にあるのを上昇トレンド、そして下落傾向にあるのを下降トレンドと言いますが、このトレンドを明確な一本の線で表したものをトレンドラインと呼びます。

 

基本的には、相場が上昇しているときはローソク足の下部(安値)を3点以上接するようにラインを引き、相場が下降しているときはローソク足の上部(高値)を同じく3点以上接するようにラインを引きます

 

トレンドラインを引くことで、現在の価格が上昇傾向にあるか、下降傾向にあるか、あるいは一定の価格レンジで横ばい状態にあるかを容易に判断することができます。
また、トレンドラインの傾きから、価格変動のスピードや変動の大小を計ることもできます。

ほとんどのFX会社の取引ツールには、チャート機能が搭載されています。その中には移動平均線やボリンジャーバンドのように、ツールの設定で自動的に表示されるラインがあります。
しかしトレンドライン人によってラインを引くポイントが違うため、自動で引いてくれるツールは少なく、仮にあったしたとしてもラインが不正確な場合もあります。
そのため、トレンドラインは描画機能を利用して自分で引くのが基本ですが、苦手な人にはトレンドラインを自動で引くためのインジケーターツールを利用するのも手でしょう。

 

ローソク足がトレンドラインを突き抜けるとトレンドが転換する可能性が生じます。この転換ポイントを一般的に「ブレイクポイント」といいます。
下降トレンドラインをローソク足が突き抜けると、群集心理的に買い注文が強くなり上昇トレンドに転換する可能性があり、反対に上昇トレンドラインをローソク足が突き抜けると、売り注文が強くなり下降トレンドに転換する可能性があります。

 

つまりチャートにトレンドラインを引くことで、トレンドの転換点を探るということです。

 

ラインを引いても傾きがなく、相場が水平に移動していればレンジ(持ち合い)相場と言われ、方向性が定まっていない(トレンドの無い)状態です。
レンジ相場から上昇、または下降トレンドに転じる際、レンジ相場となった時間が長ければ長いほど、レンジ相場を抜けた(ブレイクした)ときの価格変動が大きくなる傾向があり、水平ラインとなった後のトレンドがどちらに向かうかを判断することはかなり重要と言えます。

 

トレンドラインを活用するメリット
  • トレンドを視覚的に素早く把握できる。
  • 売買ポイントの判断に役立つ。

 

トレンドラインを大きく活用して売買をするには、上昇トレンドの際はローソク足の上部(高値)にもラインを引き、下降トレンドの際にはローソク足の下部(安値)にもラインを引きます。
この場合、上昇トレンド・下降トレンドのどちらにおいてもローソク足の上部(高値)に合わせて引いた線をレジスタンスライン上値抵抗線)、ローソク足の下部(安値)に合わせて引いた線をサポートライン下値支持線)といいます。

 

どのように活用するかというと、仮に上昇トレンド中であったとすれば、サポートライン(下値支持線)付近で買い、レジスタンスライン(上値抵抗線)付近で売ることで利益を確定する手法が取れます。

 

また、サポートライン(下値支持線)を下回ると下降トレンドに転換する可能性が増すので損切りレジスタンスライン(上値抵抗線)を超えるようであれば上昇トレンドに転換するの可能性が増すので、利益確定をせずにさらなる利益を狙いポジションの買い増すなど、損切のタイミングや利益の確定、さらには利益を伸ばすための戦略に大きく役立ちます

 

トレンドラインを利用するにあたって、気を付けなければいけないのが一般的に「ダマシ」と呼ばれるものです。

 

トレンドラインを用いる手法を用いるとき、ローソク足がトレンドラインを突き抜けてブレイクポイントでは?」と思わせる動きをして、またすぐに元のトレンドに戻ってしまう値動きのことをいいます。

 

この「ダマシ」を100%見抜くことは不可能に近いです。

 

ある程度騙されるの仕方がない事ですが、より安全に取引するには「ブレイクポイントである」という判断を少し遅らせるのも手でしょう。その分利益は少なくなってしまいますが、損失を抑えることはできます。

 

ちなみに「ダマシ」はどのテクニカル指標を用いる場合でも発生するので、ある程度騙される覚悟は必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ