FXローソク足

FXローソク足

これからFXを始めようという方が必ず耳にするのが、「チャート」という言葉です。

 

チャート」とは株価や為替などの相場の動向を、過去から現在に至るまで分かり易く視覚化したグラフのことです。

 

 

チャート」には「ローソク足チャート」「バーチャート」「ラインチャート」「平均足チャート」などの種類があり、一般的なFXのテクニカル分析方は、これらの「チャート」を組み合わせることで、為替相場の現在のトレンドを判断したり、エントリーするポイントを探ったりすることです。

 

これら「チャート」の中でも我々が最も目にする機会が多く、日本だけでなく世界中のヘッジファンドやFXトレーダーの間でもテクニカル分析の中核として使用されているのが「ローソク足チャート」です。

 

ローソク足チャート」は、ある一定の期間を定めて、期間中の最初についた値を始値(はじめね)、最後についた値を終値(おわりね)、最も高い値を高値(たかね)、最も安い値を安値(やすね)とし、その4つの値(4本値)を「ローソク足」と呼ばれる一本の棒のような図形に表して、その「ローソク足」を時系列に沿って並べて相場の変動をグラフ化したものです。

 

 

ローソク足」は前述の通り、始値寄付き値(よりつきね)とも言われます。)、高値安値終値引け値(ひけね)とも言われます。)の4本値を表示しており、始値より終値が高い場合は、白または赤で表示する「陽線(ようせん)」、逆に始値より終値が安い場合は、黒塗りで表示する「陰線(いんせん)」で記されます。
なお、始値と終値が同じものを「寄引同時線(よりひけどうじせん)」と呼びます。

 

始値終値で囲まれた部分を「実体」、実体からはみ出している高値までの上に伸びている線を「上ヒゲ」もしくは「上影線(うわかげせん)」、安値までの下に伸びている線を「下ヒゲ」もしくは「下影線(したかげせん)」と言います。

 

「ローソク足」から判断するポイント

陰陽の区別

ローソク足陽線であれば上昇相場陰線であれば下落相場と考えます。

勢いの強弱

ローソク足の長さを測ることで、陽線なら上昇陰線なら下落、いずれかの方向への「勢い」の強さを判断します。

時間的推移

実体ヒゲのバランスにより相場の動きを捉えるもので、これにより陰陽の区別や勢いの強弱の判断法に誤りがないかを見極めます

 

この「ローソク足」の考案者は、時をさかのぼること1730年代、日本の江戸時代の豪商、本間宗久なる人物であったと一般的に伝えられています。

 

本間宗久は出羽庄内(現在の山形県酒田市)で、「新潟屋」という富豪の家に生まれたとされます。

 

若干16歳にして、世の見聞を広めるため江戸へ赴き、米相場での投機を思いつきます。酒田に帰省し、米相場への投機に反対した父親の死後、一時的に店の主となった宗久は、店の資金を元手に、酒田の米相場で念願であった投機ビジネスを行い大成功を収めます。
しかし、実質の跡取りが「新潟屋」の主となった際、経営方針の違いから店を追放されてしまいます。さらに酒田を出た宗久は江戸へ上り、やはり米相場の投機を行いますが、ここでの投機は失敗に終わり破産してしまいます。

 

それでも諦めることなく、故郷で体制を立て直した宗久は、今度は当時江戸以上に大きな市場を持っていた大阪へ赴き、江戸での失敗を反省材料として米相場への投機を行い大成功します。その利益を酒田に持ち帰り再度商売を始めた宗久は、50際を過ぎて江戸に移り、またも米相場で成功します。

 

その後、対立状態であった実家と和解した宗久は、「新潟屋」の現物米を貸付ける商売と米相場への投機によって莫大な財産を築き上げることになります。

 

その成功ぶりは、「酒田照る照る、堂島曇る、江戸の蔵米雨が降る」、「本間さまには及びもないが、せめてなりたや殿様に」、といった唄が流行るほどであったと言われます。

 

実際のところは、「ローソク足」の考案者が本間宗久であるという確証はなく、宗久に関わる諸説に疑わしきも多いとする歴史学者も現在ではたくさんいます。

 

しかし、当時の大阪が「天下の台所」と称され日本全国の米が集まる先駆的な先物市場であったこと、また堂島(大阪)・蔵前(東京)の「米会所」では、既にテクニカル分析が行われていたことが明らかになっています。
相場の足取り(主に出来値)を記録した表や図から、投資家心理の変化を読み取って売買に生かし成功したのが本間宗久であり、その足取り表が次第に記号化されていき、明治時代に至って更に改良が重ねられ出来上がったのが「ローソク足」であるともされています。

 

いずれにしろ、200年経った今もなお、宗久の考案した「酒田罫線法」として、国境を越えて世界中のトレーダーに活用されていることは、日本の誇りとすら言えますし、日本人が如何に数字とお金に強い民族かが窺い知れる逸話です。


ホーム RSS購読 サイトマップ