FXトレンド

FXトレンド

為替相場は常に細かく上下を繰り返しながらも、何らかの方向性を持って動いていきます。
チャート上の一定時間の値動きに上下どちらか一方への方向性がはっきり見受けられた場合、それは「トレンドが発生している」と表現されます。

 

トレンド」という言葉には、趨勢、動向、流行りといった意味合いがありますが、FXにおいては値動きの大まかな傾向という意味になります。

 

トレンド」が発生するにはまず材料が必要です。
テクニカルな要因ファンダメンタルな要因などが材料となり、多くの市場参加者の心理に働きかけて「トレンド」が形成されていきます。

 

上昇トレンド

値動きは上下を繰り返しながらも方向性としては上昇傾向が強い状態

 

下降トレンド

値動きは上下を繰り返しながらも方向性としては下降傾向が強い状態

 

 

逆に値動きが一定の値幅の間を行ったり来たりする言わば膠着状態においては「トレンドが発生していない」とされ、そのような相場は「レンジ」あるいは「ボックス」などと呼ばれます。

レンジ(ボックス)

値動きが一定の値幅の中で上下を繰り返している状態

 

為替相場は、「どちらかへのトレンド」→「レンジ」→「どちらかへのトレンド」と繰り返されていくのが通常とされています。

クロス円での上昇トレンドにおける「買いポジション」であればスワップポイントはあまり気にならないかもしれません。

 

逆に下降トレンドにおける「売りポジション」ではスワップポイントの支払いに注意が必要となってきます。

 

レンジ相場においてはスワップポイント狙いのトレードもありと言えます。

 

トレンドを把握する

FXにおいてトレンド把握は非常に重要であり、トレードの戦略を立てる上でもっとも大きな基準となります。

 

トレンド把握は、上昇トレンドの流れに沿うのであれば「買い」で入る、下降トレンドの流れに沿うのであれば「売り」から入る、レンジ相場において、上下どちらへ行くのか判断ができない間は「ポジションを持たない」、などといった決定を下す判断の材料になるのです。

 

ちなみに、上記のようにトレンドに沿ってポジションを取っていく手法は「順張り」と呼ばれています。

 

順張り」は、トレンドの発生を確認してから注文を出すので、スタートが若干遅れ、高値・底値でポジションをとることができません。そのため利益は小さくなりますが、確実性は高いと言えます。

FXではトレンドに乗った「順張り」が基本的には正攻法とされており、初心者の方は特に「順張り」を意識したトレードをした方が良いでしょう。

 

一方で、いかなるトレンドも永遠に続くわけではなく、何かしらの材料によっていずれは終わりを迎え、レンジ相場に移行、あるいは反転することになります。

 

ですから現在のトレンドが転換するポイントを見極めるのも非常に重要となってきます。

 

トレンドが転換するポイントを正確に予測することができれば、ポジションを手離して利益を確定する際に非常に有利ですし、高値・底値に近いポイントでポジションを取ることができれば、利益幅もより大きく取れることになります。

 

それまでのトレンドが転換するであろうポイントを見出し、現在のトレンドとは逆行する形でポジションを取る手法を「逆張り」と呼びます。

 

逆張り」は、トレンドに逆らうエントリーであることから、予測の精度次第ではとてもリスキーな手法となります。

予測の精度を上げるためには相場の分析力と経験が必要となるので、「逆張り」は初心者の方には不向きであると言えます。

 

また、値動きが横這いな状態のレンジ相場から、レンジ値幅から上下どちらか一方へ抜け出すことは「ブレイク」と言われ、一般的に大きく利益を出すチャンスと捉えられており、そのポイントを狙ってトレードする「ブレイクアウト手法」もよく知られています。

ただし、チャート上における「ブレイクポイント」と思しき「シグナル」が「騙し」であることも多々あり、こちらもある程度の経験を積んだ上級者向けの手法と言えます。

 

皆さんの投資スタイルによっては、短期的なトレンドを追うのか、あるいは中・長期的なトレンドを追うのかも重要となってきます。

 

例えば、月足のチャートでは上昇トレンドを描いていても、週足や日足・5分足で見るとチャートは全く異なったトレンドを形成していたりします。

 

大きな波の中の小さな波を短期的に捉えるのか、小さな波は気にせず大きな波に乗るのかは自身の投資スタイルに合わせましょう。

 

ただし、あくまで初心者の方は小さな波にも大きな波にも逆らうことのないトレードを心がける方が良いかと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ