FXテクニカル分析

FXテクニカル分析

テクニカル分析とは株式市場や為替市場における過去の取引データチャートに表し、これまでの値動きのパターンを参考にして、今後の展開を予測する分析技法です。

 

 

相場は大勢の市場参加者の売買行動の結果なので、市場参加者が過去において行ったある瞬間の行動パターンが、今後の相場において同じようなタイミングで再現されるのではないかというわけです。

 

一方で、経済的な要因などを基に相場を分析する手法はファンダメンタルズ分析と呼ばれ、テクニカル分析対をなす分析手法と位置付けられています。

 

テクニカル分析には様々な種類の技法があり、その分析に用いられる指標テクニカル指標と呼ばれます)も様々ですが、考え方という面から大まかに分けて二つの系統に分けることができます。

トレンド系分析

市場全体の方向性トレンド)を見定めることを目的とします。
上昇トレンド中なのか下降トレンド中なのかを分析することで、中・長期的な予測に用いられる場合が多くなります。

 

主に使われるテクニカル指標
  • ローソク足
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • DMI(方向性指数)
  • パラボリック(放物線)
  • 一目均衡表

 

オシレーター系分析

相場の変化の大きさ(値幅や変動率など)から、値動きの勢いや相場の過熱感(買われ過ぎ・売られ過ぎ)などを分析・判断し、相場が転換するポイントを探ります。
基本的に短期的な予測に用いられます。

 

主に使われるテクニカル指標
  • RSI(相対力指数)
  • STC(ストキャスティクス)
  • MACD(移動平均線収束拡散法)
  • RCI(順位相関係数)
  • サイコロジカルライン(心理分析)

 

小難しい単語がかなり並んでいますが、テクニカル分析を行うにはリアルタイムにチャートを表示するシステムと、各種指標が何を表しているのかを知る必要があります。

 

ただし、FX会社の取引ツールを使えば必ずチャートが見れるようになっており、おおよそのテクニカル指標も任意で表示できるようになっいるので、あとは知識を学ぶだけです。

 

テクニカル分析のメリット

  • 相場の動きを視覚的に把握できる。
  • 経済に関する知識がなくてもトレードが可能。
  • 分析力次第で予測の精度を上げることができる。

テクニカル分析のデメリット

  • 過去のパターンが必ずしも現在に合致するとは限らない。
  • 突発的なニュースには対応できない。
  • 売買シグナルが作為的である場合がある。

 

総じてテクニカル分析の有効性はどこにあるのかを考察した場合、

 

市場に関する情報入手が遅れがちな個人投資家が、リアルタイムのチャートを分析することで機関投資家やディーラーの動きをいち早く察知することにより、一般の投資家のファンダメンタルズ分析より一歩早く行動を起こすことができる可能性がある。

取引のルール化に伴って、感情をある程度抑制、もしくは排除しやすくなり無謀な取引を抑える効果が期待できる。

 

さらにこれらの分析を実行する際、人間の視覚的判断に委ねる方法と、コンピューターにあらかじめプログラミングしておき自動で分析を行うシステムトレード)方法があります。

 

人間の視覚的判断で分析を行う場合
メリット
  • コンピューターには認識できない情報なども踏まえて総合的に分析・判断できる。
デメリット
  • 人間のメンタルな部分が反映されてしまう。
プログラムを用いて分析を行う場合
メリット
  • トレードに要する時間と労力を大幅に削減できる。
  • 常に一定の分析・判断を行うため売買のタイミングがブレることが無い。
デメリット
  • 想定外の相場が訪れた時には無力化する。

 

 

 

個人投資家がFXをやる以上、テクニカル分析を用いることは今や必要不可欠とも言えるでしょう。

 

かといって全てのテクニカル手法をすぐに自分のものとするには、あまりに膨大な量の知識を一気に頭に詰め込む必要があります。

 

そして全ての知識を得たその時には、逆に様々な矛盾点にでくわし、頭を抱え込むことになりかねません。

 

初心者の方はまず基本的なテクニカル分析手法を覚えたら、あとは自分の取引スタイルに合わせて実践と応用を重ねていきましょう。

 

さらなる知識を増やすのはその後でも一向に構いません

 

実は、現在そして未来においても、100%的中する絶対的なテクニカル分析は存在し得ないと言われています。

 

テクニカル分析使い方次第では安定して利益を生む可能性を持ち、頼り切ってしまってはリスクをもたらす可能性もあります

 

最も有効と思われるのは、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の双方を織り交ぜて取引を行うことでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ