FX通貨ペア

FX通貨ペア

 

FXには様々な組み合わせの通貨ペアが存在しますが、その通貨ペアの特性を知る上で覚えておかなければならないキーワードがあります。

ドルストレート

 

世界の為替市場で最も多く取り扱われているのは、世界の基軸通貨である米ドルです。

 

ドルストレートとは米ドルと他国の通貨を組み合わせた通貨ペアを指します。

 

クロスレート

 

一方で、米ドル以外の通貨同士のペアは、必ず世界の基軸通貨である米ドルを介してレートが算出される決まりになっており、米ドルではない二カ国の通貨ドルストレートのレートを掛け合わせてクロスして)導き出します。

 

算出された通貨ペアのレートはクロスレートと呼ばれます。

 

このうち、日本円米ドル以外の通貨との組み合わせはクロス円と呼ばれ、日本においてのFXでは盛んに取引されています。

 

クロスレートの算出例
  • ユーロ/円の場合

    ユーロ/米ドル × 米ドル/円

  • 英ポンド/円の場合

    英ポンド/米ドル × 米ドル/円

 
  • クロス円2つの通貨ペアを掛け合わせることで加速度的に値動きが激しくなる場合があり得る。
  •  

  • ドルストレートである米ドル/円ユーロ/米ドル比べて、スプレッドが広くなる

 

米ドル/円:USD/JPY

 

米ドル/円はFXにおいて世界で取り扱われる通貨ペアのなかでも第2位の取引量を誇っています。

 

いかに日本円が世界的な通貨であるかが伺い知れます。

 

ニュースや新聞でも毎日その値動きが報じられており、我々日本人にとっても最も馴染みの深い通貨ペアでしょう。

 

取引量の多い通貨は流動性が高く、値動きは比較的緩やかになります。
米ドル/円の場合は普段の値動きの幅が平均して約1円程度です。

 

また近年の米ドルの政策金利の低下によって日米間の金利差は縮小傾向にあり、スワップポイントをあまり気にしなくても良くなったことと、全通貨ペアの中でも最もスプレッドが狭いことから、売買の自由度が高くリスクを抑えやすい通貨ペアと言えます。

 

初心者の方にはうってつけとも言えますが、トレンドが出にくく大きく利益を狙うことは難しいかもしれません。

米国がらみの突発的なテロや紛争、日本における地震などの災害時には相場の急変があり得ます。

油断は禁物です

 

ユーロ/米ドル:EUR/USD

 

世界の為替市場で最も取引されている通貨ペアで、為替市場全体の取引量の3割近くを占めています。

 

世界の基軸通貨である米ドルとそれに次ぐ地位にあるユーロとのペアなので当たり前と言えば当たり前です。

 

ユーロ/米ドルのレートは世界各国の貿易や金融に直結しており、FXにおいても他の通貨ペアのレートへの影響力が最も大きく、FXをするのであれば必ずチェックすべき通貨ペアです。

 

その値動きは基本的には緩やかで、中・長期的なトレンドもはっきり出る傾向があります。金利差も米ドル/円とほぼ変わらないので、デイトレードスイングトレードどちらでも通用するでしょう。

米国のみならずユーロ圏の複数の国家が、中東の宗教的な諸問題に深く関与していることや、米国と中国の領海を巡る対立など、常にキナ臭い火種がくすぶっています。

 

ヨーロッパ各地でテロが相次いでいること、中東での軍事行動が長期化していることなど、経済にも影響を及ぼす政治的な問題を考慮しなくてはなりません。

 

ユーロ/円:EUR/JPY

 

ユーロ/円の取引は日本では割と人気な部類ですが、その取引量となると世界全体での為替取引量の内の3%ほどでしかありません。

 

米ドル/円ユーロ/米ドルは取引量の多さから流動性が高く値動きが緩やかですが、ユーロ/円は間に米ドルを介する取引となるので、その値動きは少し複雑化してしまいます。

 

値動きの幅も多少大きくなり、ドルを介する手間がある分スプレッドも少し広くなります。

 

ユーロ/円のレートは前述のとおり、ユーロ/米ドル米ドル/円のレートを掛け合わせて算出されます。

 

その値動きの仕組みを単純に表すと、

  • ユーロ/米ドル× 米ドル/円 = ユーロ/円↑↑
  • ユーロ/米ドル× 米ドル/円 = ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル× 米ドル/円 = ユーロ/円↓↓

 

つまり双方のドルストレートに影響されるため、必ず米ドルに対する意識を高めておかなければなりません。

 

初心者の方が取り扱うのであれば、値動きが激しくなる場合を想定してロットを小さくしたり、損切のラインを調整した方が良いでしょう。

一般的に日本人はヨーロッパの情勢に疎くなりがちで、新聞やテレビでも細かいニュースまではあまり採り上げられません。

 

その情報を素早く入手できる経路も確保しておきたいところです。


ホーム RSS購読 サイトマップ