FX取引スタイル

FX取引スタイル

FXを始める方には様々なライフスタイルがあると思います。

 

朝から勤務して夕方以降に初めて拘束を解かれる方もいれば、真逆に夜間勤務の方、あるいは定職には就かず投資家を目指す方も見えるでしょう。

 

長時間に渡り取引に集中する事ができる方もいれば、取引に集中できる時間が僅かしかない方も見えるはずです。

 

納得のいくFXライフを目指すには、自分のライフスタイルにもっとも見合った取引スタイルを身につけていかなければなりません

 

 

FXの取引スタイルには大きく分けて3種類あります。

 

  • 長期的投資ポジショントレード
  • 中期的投資スイングトレード
  • 短期的投資デイトレード

 

 

さらにデイトレードの中にはスキャルピングと言われる超短期的な投資法もあります。

 

では、それぞれの取引スタイルの特徴を大まかに挙げていきます。

 

長期的投資:ポジショントレード

 

文字通り長期的にポジションを取る手法で、相場や通貨ペアによっては数か月〜数年もの間ポジションを保有し続ける場合もあり得ます。
中・長期的なビジョンによる為替差益スワップポイントの付与による利益を狙う手法です。

 

  • 取引に費やせる時間が少ない方
  •  

  • 資金力が豊富で、期間中のある程度のリスクを包括できる方
  •  

  • スワップポイントを利用して外貨預金的に運用したい方

 

といった方々に向いていると言えます。

 

  • 為替相場を長期的かつ全体的に判断する知識が必要
  •  

  • レバレッジは抑え目にするべき
  •  

  • ある程度大きな資金力が無いと利益が出にくい
  •  

  • 高金利国の通貨を扱う場合、流動性のリスクを考慮する
  •  

  • スワップポイントの利益が為替差損に吸収されてしまう恐れがある

 

中期的投資:スイングトレード

 

この「中期的」という概念は人によって様々で、ポジションが日をまたいだ時点で「中期」と考える方もいれば、1.2か月を「中期」と捉える方もいます。
総合して2.3日〜数か月間とさせてもらいますが、相場の流れを中期的に区切って判断し取引する手法です。

 

  • 毎日1.2時間はFXに集中できる時間がとれる方
  •  

  • 相場の流れにある程度柔軟に対応したい方
  •  

  • 1.2円程度の値動きで利益を狙う方

 

ある程度の副収入を目指すサラリーマンや主婦の方はこの手法が向いているのではないでしょうか。

 

  • 相場は一気に動く場合があるので、日々油断はできない
  •  

  • 資金力とレバレッジとのバランス
  •  

  • 利益確定とロスカットにおける自分のルールを壊しがちになる

 

短期的投資:デイトレード

 

取引開始から、数分や数時間でポジションを決済し細かく利益を積み重ねていく手法です。
ポジションを次の日に持ち越すことがほぼ無いので、スワップポイントによる利益は全く無視することになります。

 

  • 1日の内、ある程度長時間を取引に割ける状況にある方
  •  

  • 知識が豊富で取引にある程度慣れている方
  •  

  • 少額資金からの運用で将来大きく利益を狙いたい方
  •  

  • リスクを大きく取りたくない方

 

主に、「投資だけで生活したい」、あるいは「投資だけで財産を築きたい」という方向けの手法です。

 

いわゆる専業トレーダーと呼ばれる方の多くがこの手法を実践しています。

 

FXに関する様々な情報と知識を有し、経験を重ねた人にしかお勧めできない手法でもあります。

 

また為替レートの急激な値動きに対処できる確率も高まるので、大きな損失を出しにくくもなります

 

  • 特にテクニカル分析に精通する必要がある
  •  

  • 基本的に流動性が高い通貨を扱う必要がある
  •  

  • 明確な自分のルールによる判断と瞬発力が必要
  •  

  • 小さな値動きで利益を追う為、為替レートの動きから一瞬も目が離せない
  •  

  • 売買の繰り返しによりスプレッドのコストが増える

 

スキャルピング

 

デイトレードの中でもさらに瞬発力を必要とする超短期的な取引の手法で、数秒〜数分間の取引を繰り返すことで薄利を積み重ねて利益を得ることを目指します。

 

まず取引画面上の操作がスピーディーでなければなりません。

 

さらにチャートの分析能力と、場数を踏むことによる経験値がものを言います。

 

反射的な決断とその操作は、もはやゲーマー的な領域といっても過言ではないでしょう。

 

取引回数も圧倒的に多いので、コスト面を考えてもかなりの勝率を誇る分析能力が無いと難しいでしょう。

 

またデイトレードやスキャルピングなどの短期的な売買の繰り返しは、同時にロスカットの繰り返しにもなります

 

メンタル面が強く、自分の作った取引ルールを忠実に実行できない人にも不向きな取引スタイルと言えます。

 

もっとも、自分のルールに則った投資行動ができなければ、FXや株式投資はやるべきではありませんが。

 

まとめ

 

自身が取引に集中することができる時間帯や、FXに対する知識力資金力などを考慮した上で、自分に合った取引スタイルを大まかに決め、さらに経験と工夫を重ねる事で、自分なりの取引スタイルを確立していくことが大事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ